小中学生・・・地域活性化のために頑張っている!!

上津江酒呑童子(しゅてんどうじ)太鼓は、昭和63年3月、上津江村の5名の女子小学生により結成され、19年目を迎えた現在、小・中学生の男女9名で、元気に演奏活動を続けています。指導者は、井上伸史県会議員の奥さん裕子さんです。

活動は、町内外の各種イベントや福祉施設でのボランティア演奏、また、日田市の公式行事などにも積極的に参加しています。普段の練習は、中学生が寮生活のため、毎週金曜日1回の限られたものですが、イベント等の前には、自分たちで話し合い練習を増やすなど、これからも太鼓活動を通して、伝統芸能の継承と上津江町のちびっ子PR隊としての役目を果たしていきたいと意欲的に練習に励んでいます。

困ったことに、合併前は上津江村のマイクロバスを借り上げて遠征していましたが、合併後は、そのことが出来ずに、出費が嵩んでいることが悩みです。9人の子供達から月1500円年間162000円で運営しているという。指導者も講師料を貰うのでなく、逆に出しているという。このままでは、この会の存続も危ぶまれている・・どうにかならないかと頭を痛めています。行政の力を借りたいというが・・・・・

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。