日田市内の小中学校で一貫教育は必要なのか?

朝早くマイクロバスで出発し佐賀市内まで行き、視察を終えて日田市役所に午後3時前に着く。その後1時間半かけて、庁議室で検討委員会懇談会を開催する。各委員の視察感想と日田市内でその必要性などについて論議をする。

今日の視察は敷地内に小中学校がある一体型の小中一貫教育対象学校を視察する。現在、日田市で考えられている小中一貫教育のパタンーは分離型(連携型)、隣接型(併設型)、一体型(併置型)が考えられている。

各委員ともに色々な意見を持ってのフリー討議で行われた。次の検討委員会でさらに検討を深めるために小グループに分かれて論議を進める意見もあった。結論を来年1月に決定することで、検討委員会論議も大詰めに近づいたようだ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。