大山農協が森林法・農地法で違法行為・・・

毎日新聞の今朝の新聞報道によると、独占法違反の疑いだけでなく、森林法・農地法などを無視する違法行為をしていることが明らかになった。担当職員から事情説明を受け、31日に経済環境委員協議会を開催して、担当課より説明を受けることになった。

今日の各新聞社報道では、「木の花ガルテン」問題が独占法違反の疑いがあるため公正取引委員会の立ち入りが行われ、関係書類の提出を求められている。さらに、大山農協が今年6月の総代会で明らかにした天瀬町五馬市で観光農園などを整備する「五馬台開発計画」の中で違法行為が明らかになった。

森林など14万㎡を農協が買い取り、無断伐採や替え玉を使って農地を購入している。本来、農協が農地を買う行為は農地法で禁じられているがダミーを使って農地を購入している。

http://mainichi.jp/area/oita/news/20090729ddlk44020469000c.html

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。