咸宜・三芳小など12校が目標達成・・学力テスト

県教委は昨日、小学五年生と中学二年生を対象に今年4月に実施した基礎・基本の定着状況調査(一斉学力テスト)で、全教科の全項目で平均到達度(平均点)が目標値を上回った小中学校110校を発表した。

日田市では、咸宜小・三芳小・光岡小・三和小・静修小・桂林小・大野小・上津江小・鎌手小・都築小・塚田小学校と戸山中学校の12校でした。

基礎・基本の定着状況調査と目標値 県内の市町村立の小学校329校、中学校142校のほか大分大学付属小学校と、私立の小中学校など4校がテストを受けた。プライバシーに配慮し児童、生徒数が5人未満の学校は公表対象外。目標値は各教科の項目ごとに、学習指導要領が求める内容をおおむね満足したと判断される得点で、問題作成業者が設定する。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。