苦情が続く・・・給与改定で市民の目は一段と厳しく・・・

現在、議会だより配布活動を行っているが、その中の『ひたふじ60号』記事の中で『市職員の給与改定で論議』について市民からの苦情や苦言が毎日あっている。中には、自宅に電話で名前も言わずに、『若年層の職員給与を上げるとはけしからぬ。議員は今の日田市の経済を分かっているのか』と荒げた口調で叱られる。

私は12月議会での内容を詳しく説明したが納得しない。そこで、住所と名前を教えてもらえば、私が出向き詳しく説明したいがと言ったが、『市職員の行動を監視していき、悪い職員は市民に知らせていく』と言って一方的に電話を切られた。相当に怒りがあった。

市職員への苦情は良く聞いていたが、今回ほど、厳しい指摘はない。職員は言動や市民に対する接した方を一段と考えて行動しないと市民から厳しい弾圧が起こるかもしれない。町内・隣保班での出事などまで厳しく指摘している。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。